多くの方に助けられて30年を越え、『治療』という事をさせて頂きました。ご支援ありがとうございます。本当に微力ではございますが、少しは皆様のお役に立てたかと思っております。
この30数年間の臨床と多くの勉強をしてきました。これからも怠らずに熱い心で研鑽に励みたいと思います。
東洋医学では、「気」「血」「水」という物質が生命を維持し、健康を保っていると考えられています。
当院では【こころにやすらぎをからだに活力を】をテーマに患者様を心身両面から捉えて、これらを全身的に調整します。

院長 清水慎司


 気血水とは

東洋医学では、気血の流れる経絡(けいらく)を温熱(灸)やツボを圧迫(鍼を)すると気が動くという研究を積み重ねました。有馬鍼灸接骨院では、滞ってしまった気に働きかけ、カラダの中の血の巡りを良くする事でコントロールを図り、病状の改善を図っていくのです。

 西洋医学と東洋医学の違い

西洋医学の治療は壊れた部位を治すという概念に対し、東洋医学は崩れた体のバランスを整えるという自然治癒力を引き出す治療法となります。  お医者様に診察を受けて「異常なし」と診断されても、どこか体調が優れない場合など体のバランスの崩れかもしれません。

気・血・水のバランスを整える

東洋医学(鍼灸治療)は、体の内に眠る自然治癒力を高める事で病に打ち勝つ強い身体を作る事をお手伝いいたします。